コスト削減になるテレビ会議

テレビ会議とは、離れた場所にいる人や別の会議室と、一つの部屋で会議しているような雰囲気で打ち合わせができるものです。

テレビ画面を通じて相手と話すというような感じです。

大きな会社だと、経営者のメッセージが直接聞ける機会というのはなかなかありません。

こういった時にテレビ会議システムを使うと、経営者のメッセージが全社に一斉に流れ、経営者が伝えたいことがダイレクトに伝わります。

また、社内の研修などでもテレビ会議は活躍します。

今までは研修の時は本社に集合して行うという形をとっていた会社が多いかと思います。

地方に営業所が点在しているところだと、本社まで出向くのに費用が必要です。

しかしテレビ会議システムなら、出張しなくても勤務地で研修が受けられます。

人の移動を少なくすることで、コスト削減になります。

研修だけでなく、出張も減らせるので経費削減に大きく貢献するシステムと言えるでしょう。

最近ではどの企業も出張費も削減の方向になり、なるべく出張は少なくするようになっています。

確かに、大阪から東京へ人が移動すると、交通費はもちろんですが宿泊費もかかりますし、何といっても移動の時間がムダに感じます。

こういったことから、テレビ会議システムを導入する会社がだんだん多くなってきているのです。

人が動かなくても会議ができるのですから、効率的ですね。

視覚、声、言語でコミュニケーションが成り立っているそうです。

電話だと視覚がありませんし、メールだと声がありません。

テレビ会議だけが視覚、声、言語がそろっているシステムなのです。

▼テレビ会議するならWeb会議・テレビ会議システムのモーラネット